なぜここまで安いのか?

- なぜここまで安いのか?

なぜここまで安いのか?

格安航空券を提供してくれるLCCにより旅行の選択肢は増えました。

LCCが格安航空券を提供できるのには合理化を追求したコスト意識が存在します。
どんな方法を取っているのでしょうか?


使用機種の統一

ローコストキャリアでコスト削減を追及する航空会社は使用機種の統一をすることで、料金の低価格化を実現することができました。

基本的にローコストキャリアで運行されている飛行機の種類は一種類です。

飛行機を統一することで、パイロットの教育や設備維持を簡易化でき、費用を抑えることができるのです。

パイロットや整備士の教育はもちろんですが、部品の管理も飛行機が1種類ならコスト面を抑えることが可能です。

機内設備を簡易化

ローコストキャリアでは機内設備を簡易化することで、費用を削減し、低価格な航空券を実現することができました。

まず、既存の航空会社が導入しているシート設備をなくすことから始めました。

機内シートにあるモニターやエンタメ関係機器を取り除き、シートの周りをシンプルなものにしたのです。

さらに座席数を多くする工夫も考えられます。
座席数を増やすことで、ローコストキャリアは一度のフライトで多くの乗客を乗せることができ、航空料金が安くなってもカバーできる仕組みを作ったのです。

サービスを有料化

既存の航空会社で行われる無料サービス。
ローコストキャリアでは有料にすることで、コスト削減に成功しました。

乗客の面からはわかりませんが、食事やドリンクサービスは多くのコストが掛かっています。

食事やドリンクの原価はもちろんですが、時間内に配膳を済ませるために多くの客室乗務員を搭乗させなければならないからです。

コスト削減意識が格安航空料金を実現

合理化を進めながらもサービスの基本的な質を落とさない。
その結果、ローコストキャリアは多くの人に受け入れられる存在になりました。

出張なので最低限の料金で飛行機に乗れれば十分。
そう思っている人には素晴らしい航空会社でしょう。