既存航空会社の違い

- 既存航空会社の違い

既存航空会社の違い

LCCはローコストキャリアと呼ばれる格安航空会社です。
既存の航空会券とは区別されていますが、料金以外にどんな違いがあるのでしょうか?

ローキャリアコスト誕生の歴史

LCCと既存の航空会社の違いは格安航空券を挙げることができます。
ローコストキャリアと呼ばれる航空会社は1960年代のアメリカで誕生しました。

既存の航空会社であるレガシー・キャリアと経営争いを繰り返し、欧米では一般的な航空会社に浸透していきました。

日本に登場するのは2007年。
まだ、ローコストキャリアは新しい航空分野と言えるでしょう。

既存の航空会社との違い

そんなローコストキャリアと既存の航空会社であるレガシー・キャリアとは何が違うのでしょうか?

基本的に格安航空券の料金設定以外大きな違いはありません。
コスト削減意識を徹底し、格段に安い航空プランをお客様に提供できているか?
これが1つの定義になっています。


人によっては意見の違いもある

ローコストキャリアの定義は格段に安い航空料金をお客様に提供できるか?

それが1つの定義です。
この定義は非常に曖昧で価格設定という定義だけで判断されます。

エアラインや航空業界に詳しい人でもローコストキャリアにするかどうか?
意見が分かれる場合も多いようです。

基本的に厳密な定義はないので、価格設定が低いエアラインならローコストキャリアと認めていいでしょう。

低価格でも安心して利用できる

ローコストキャリアを利用するときに考えてしまうのが『低価格はいいけれど安心して利用できるか?』
そう考えている人も多いのではないでしょうか?

安かろう悪かろうでは意味がありませんが、ローコストキャリアなら安心して利用できるでしょう。

サービス内容の有料化、航空プランの効率化、機材を最新のものにする燃焼消費の効率化……

こうしたコスト削減意識を高め、サービス内容を下げることなく、格安の航空プランを実現できたからです。

お金をかけたくない人へ

出張などで飛行機にお金をかけたくない。
そう思っている人にはお勧めの航空会社になるでしょう。